読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は狂っているから面白い

海外ニュースの紹介ブログ。映画好き。

ゴールデンゲートブリッジは自殺の名所!?その理由と政府の対策。

ゴールデンゲートブリッジはアメリカで最も美しい建造物の一つだ。wikipedia:ゴールデン・ゲート・ブリッジ
映画にも凄い頻度で登場し、クラシックなものではヒッチコックの「めまい」、最近では「ベイマックス」や「GODZILLA ゴジラ」等、枚挙に暇がない。

しかし、この美しいゴールデンゲートブリッジだが、実は世界一の自殺の名所でもある。
「ブリッジ」という映画がある。

ブリッジ [DVD]

ブリッジ [DVD]

 

 観光の名所として知られるゴールデンゲートブリッジ。そこに1年間カメラを設置し、自殺者の様子をカメラに収めた。後に遺族にインタビューをし、そこから自殺を図る人々の様子を映しだそうとしている。 映画の中では24人が、橋から66メートルの高さから海面に向かって飛び降りている。wikipedia:ブリッジ (映画)

この映画は橋にカメラを設置し、実際に飛び降りる人々を映したという衝撃的なドキュメンタリーだ。*1

ゴールデンゲートブリッジでの自殺者は今までに1300人以上は確認されており(2000年代後半時点)、遺体が上がってこない場合や、駐車場にある不自然な車の数からすると2000人近いだろうという。
また最近では、2016年に確認されたもので40人、未確認のものでおよそ200人以上が飛び降りているようだ。

そんな状況を変えるために、政府は2億ドルを投じて橋に自殺防止ネットを設置するという。

今週火曜日に、カリフォルニア州政府は自殺防止ネットを橋の両側へかける工事の開始式典をおこなった。
完成すれば、多くの命が救われるだろうとみている。
工事は2021年に完了するとみられている。
ネットをかける距離は1マイル(約1.6㎞)以上もあり、強い海風にさらされる環境にあるため多額の費用がかかるという。
計画ではステンレスネットを橋の6m下に設置し、へりから海に向かって6m程伸ばすそうだ。合計でフットボールのフィールド7つ分になるという。
もし、飛び降りた場合に骨は折れるだろうとみられる。
ネットに落ちた後にさらに、その先から飛び降りた場合は仕方がないが、最初の段階で諦めてくれることを期待しているという。

なぜ、人々はゴールデンゲートブリッジで自殺するのだろうか。
調査によると、理由の1つは神秘的なイメージがある点だという。
太平洋に突き出した美しい橋は、その名前から来るイメージとともに、スピリチュアルな世界へ繋がる黄金の扉だと連想されるようだ。
また、橋から飛び降りると痛みがほとんど無いと信じられているという。

もう1つの理由は、簡単に自殺できるという点だという。
橋は観光地でもあるため、バス停も駐車場も沢山あり、アクセスが容易であるため自殺者が多いという。

自殺にはうってつけの場所というイメージとアクセスの簡単さが自殺志願者を惹きつける主な理由のようだ。
そのため例えば、サンフランシスコとオークランドにかかるベイブリッジは同じような建造物だが、それほど自殺者は多くないという。

景観を損ねるため今回の対応策に反対する向きもあるようだが、政府は公益を守るために仕方がないとしているようだ。

日本でも自殺は大きな社会問題となっている。
有名な自殺の名所としては富士の樹海が挙げられるが、これもミステリアスなイメージとアクセスの容易さがあると思う。自然のスポットは防止策が非常に難しいという。
自殺防止の政策として、ホットラインの設置や駅構内のブルーライト取り付けなど様々なものが検討されているが、これも果たしてどれほどの効果があるのだろうか。

自殺の問題は根本的に命に対する考え方が間違っているのが原因だと思う。
別に、餓死するわけでもないのに、わざわざ自ら死を選ぶ必要なんて本来はない。
子供の自殺なんて、そもそも一体誰が吹き込んだのだろう。
観念として自殺が当たり前に存在する社会になっている。
社会が命の価値を認めてないからこんなことになるんだろう。
死なない限り問題は無い。この言葉をいつも心にとどめておきたい。

I wish you would step back from that ledge my friend.
僕の友だちよ、君がそのへりから一歩下がってくれるとうれしいよ。
Third Eye Blind「Jumper」

  

Third Eye Blind

Third Eye Blind

 

 

死なない限り問題はない (GUFT 1)

死なない限り問題はない (GUFT 1)

 

 

*1:なお、ルールとして、橋のへりに足をかけた人を発見したら通報はしていたという。