世界は狂っているから面白い

海外ニュースの紹介ブログ。映画好き。

シナモンが身体に良い理由。血糖値を下げるだけじゃない、シナモンの健康効果とは。

「めぐり逢わせのお弁当」というインド映画がある。

インド映画といえば、突然大勢で踊り出したりする荒唐無稽なミュージカル映画の印象があるが、この作品はそれとは違って、静かで落ち着いたほろ苦い大人のラブストーリーである。 

 夫のために作った弁当が別人に届けられてしまったことをきっかけに弁当を通じて文通をすることになった若い人妻と初老の孤独な男との心の交流を描いている。
wikipedia:めぐり逢わせのお弁当

お弁当が二人の縁を結ぶという物語なのだが、このカレー弁当が非常に美味しそうだった。

個人的にインドカレーが大好きなのだが、よく用いられるスパイスの一つであるシナモンが体にとても良いという記事をみつけた。

シナモンは以前から血糖値の急激な上昇を防ぎ、糖尿病の危険因子であるインスリン抵抗性を緩和すると考えられてきたが、詳しいところはまだ明らかにされていない。

米国生化学・分子生物学会(The American Society for Biochemistry and Molecular Biology.)で発表されたところによると、シナモンの働きは血糖値をコントロールするだけではなく、それ以上の働きがあると分かってきたそうだ。

Experimental Biology 2017

オハイオノーザン大学 Raabe College of Pharmacyの生化学教授Amy Stockertが発表した研究では、二型糖尿病患者において、日常的にシナモンを摂取したグループはそうでないグループに比べ血糖値の大幅な減少が確認されたという。

The Effects of Cinnamomum Cassia on Blood Glucose Values are Greater than those of Dietary Changes Alone
これらの効果のうちのいくつかは被験者がシナモンの摂取を止めても続いたそうだ。
それは、細胞レベルにおいてある変化が生じたからだと推察されるという。
そこから、シナモンにより誘発される遺伝子発現に関わるタンパク質が関係しているのではないかと仮定されはじめたという。


Amy Stockertの新たな研究(査読段階)では、Sirtuin-1(Sirt-1)というインスリン制御に関わるタンパク質に焦点を当てている。
Sirt-1はリスベラトロールによって活性化されるといわれている。
リスベラトロールとは赤ワインに含まれる抗酸化物質であり、よくアンチエイジングコレステロール減少効果について喧伝されている。
シナモンにはよく似たフェノール類が含まれており、これらの物質がSirt-1を活性化するのではないかと考えられた。
Amy Stockertはコンピュータモデルを用いてこの仮説を試したところ、シナモンフェノールはリスベラトロール同様、もしくはそれ以上の強い相互作用がSirt-1との間にあることが確認されたという。

これにより、シナモンに含まれるフェノール類もまたSirt-1を活性化することがわかり、シナモンの有用性を説明することが可能になった。
もしこれが真実ならば、シナモンは血糖値を下げるだけでなく、脂肪の代謝や細胞成長の変化や様々な細胞の発現にも影響を与えていることになるという。

また、以前の研究では血糖値の減少をみるため、被験者に1グラムのシナモンを投与する実験を行ったが、もっと少ない量、つまり食事や香りづけに使われるくらいの量でも効果がある可能性が示唆されるという。

この報告はシナモンの血糖値の制御を超えた効果について言及した初めてのもので、さらなる研究が待たれるところである。
少なくとも、シナモンを食生活に加えることは健康にとっては価値があるということだそうだ。

f:id:YagimiyaG:20170517124608j:plain

チャイが飲みたくなった。

シナモン カッシャ (袋) 100g